インプラント治療概要

歯科治療において、近年よく行われているのがインプラントによる治療法です。
この治療法には利点がある一方で、欠点の面も伝えられていますが、その詳しいことについてご存知の方はどれくらいいるのでしょうか。
いつなんどき、インプラントが皆さんやご家族の治療法の選択肢に上るか分かりませんので、この機会にインプラントについての知識を頭に入れておきましょう。

まずはこの言葉の意味ですが、身体の臓器が病気や怪我によって失われた場合に、その機能を回復するために体内に埋め込む器具や材料のことを総称してインプラントといいます。
使われるのは歯の治療に限ったことではありません。
骨折やリウマチなどの治療で骨を固定するボルトや、心臓のペースメーカー、また、美容外科手術の際に使われている乳房に挿入する豊胸目的のバッグもインプラントです。

歯の治療に使われるインプラントはチタン製の人工歯根ですが、日本では1970年代からこの治療法が行われるようになりました。

私たちの歯は、虫歯や歯周病、また突然の外傷によって損失や欠損をしたり、その機能を失うことがあります。
先天性の事情などで、生まれつき歯のない人もいるでしょう。
永久歯を失ってしまうと、二度と歯は生えてきません。
そのような場合には入れ歯を用いる方法が一般的でしたが、入れ歯だと固いものがうまく噛めなかったり、外れやすい、また長く使っている間にガタついてくるなどの欠点がありました。
その欠点を補う方法がインプラントによる治療法だったのです。
更にその詳しい内容について記してみましょう。


■特別外部リンク
インプラントによる治療を行っている歯科クリニックです >> インプラント治療